私のスケッチ帖51 金田德蔵

「鉄道のある街」

JR大和路線・奈良駅

大阪鉄道㈱(初代)によって、明治23年(1890年)湊町~奈良間の鉄道の駅として開業。その後、大阪鉄道㈱は明治33年(1900年)関西鉄道㈱に合併。関西鉄道㈱は鉄道国有法により明治40年(1907年)国有化された。

当駅は平成22年(2010年)の平城遷都1300年記念事業をめどとする駅周辺土地区画整理事業と合わせて高架化事業が行われ、現駅舎は高架駅となっている。 昭和9年(1934年)に完成した2代目駅舎は、高架化に伴い取り壊される予定であったが、周囲の景観に配慮した方形屋根に相輪を持つ和洋折衷様式の歴史的価値があることから、元の位置から18m移動して保存されている。現在、奈良市の総合案内所として利用されている。

駅は三条通り商店街の西端にあり、外国人観光客で結構混雑している。駅前広場にある常夜灯は、春日大社参道の始点を示している。

今回のスケッチ行程は東岸和田駅からの回数券を利用、鶴橋駅から近鉄で奈良駅まで料金500円。帰りはJRで奈良駅から天王寺駅まで470円、天王寺駅から東岸和田駅まで回数券を利用したが、東岸和田駅で料金表見て、天王寺駅からの料金が470円で、奈良駅からの料金が1100円と表示されているのを見て???


HOME   潮騒目次

inserted by FC2 system